2010年03月31日

『抱擁のかけら』"BROKEN EMBRACES"


抱擁のかけら [DVD]

抱擁のかけら [DVD]

  • 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • メディア: DVD



アルモドバル監督の映画をいつも、どんな色彩を、部屋の内装を、風景を、劇中劇をみせてくれるのだろう?という興味で観ているような気がする。

レナとマテオの逃避行先のファマラのホテルの部屋。鮮やかなのに翳りを感じさせる明るいブルーの壁にオレンジの花柄のソファ。海岸で、男の赤のシャツの背中をそっと抱きしめる女の深緑のニット。補色がいつも効果的に使われる。

登場人物たちの思いも、色のように鮮やかにちりばめられている。レナとマテオの情熱。ハリーの虚無。エルネストの執着と嫉妬。エルネストJr.の屈折。ジュディットの悲しく普遍な思い。ディエゴの不安。それぞれに感情を引き立てて際立たせるようだ。

レナ(ペネロペ)は女優という役柄もあって、オードリー風やマリリン風のヘアメイクもみせてくれるが、昔のイタリア映画が印象的に使われたり、過去には『昼顔』のドヌーブ演じるセヴリーヌの名前を源氏名に使っていたり、昔の映画へのオマージュみたいなものもたくさんみてとれた。

本筋にあまり関係なさそうなんだけど、ディエゴがヴァンパイアの話を考えて生き生きと話すシーンが好き。

サスペンス風味もあったりするがその実、案外ストーリーはシンプル。いつものアルモドバル映画の、何かわりきれなさ気持ち悪さ不快さみたいな感情を、そっと押し付けられる感じ、そしてそれが好きか嫌いか自分で決めかねる感じ(?)、というのがあるんだけど、今回はそれが少ないようにも感じた。

絶望、、、そして再生の予感。抱擁のかけらは、つなぎあわされかけてる。
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

『シャネル&ストラヴィンスキー』"COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY"


シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]

シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD



ストラヴィンスキー『春の祭典』の初演。その変則的なリズム、不協和音、クラッシックバレエとはかけ離れた不条理でプリミティブ衣装と踊り… 

観客のブーイングが飛び交い、大騒ぎとなる。開演前から神経質な表情を浮かべていたストラヴィンスキーは激しく落ち込む。そんな中、客席に静かな笑みを浮かべてうっとりするかのように聞き入るココ・シャネル。斬新さ故に批判される事柄には動じず、自分の信じるものを愛する強さをたたえて。

なんといってもアナ・ムグラリスの美しさと威厳は圧倒的で、ラガーフェルドによるという美しすぎる衣装を着こなし、完全に女でありながら、完全に自由で孤独で独立しているのだった。

ボーイの事故死以後、黒いドレスを着ていたが、ストラヴィンスキーとの関係がたかまってくるにつれ白い服をまとうことが多くなる。ある決意でシャネルがストラヴィンスキーの部屋を訪れるときの白い、オリエンタルさを感じさせる、ビーズ刺繍のついた絹のドレスが圧巻。それはすぐに脱ぎ捨てられるのだが。。。

ストラヴィンスキーを演じるマッツ・ミケルセン。ぴったりとしたオールバックにした髪や、丸眼鏡、骨格のはっきりした顔つきなど、爬虫類のような神経質さを感じさせるけれど、脱いだときの存在感のある体に少しびっくり。元々アスリートだった人なんですねー、と納得。冷静さを剥がされ、髪を乱した姿と、あの厚みのある体。体を重ねるシーンでの臨場感と高揚感がとても良かった。

シャネルの別荘の内装やラリックによるらしい調度も細部まで美しくずっとみていたいようだったし、二人を映す構図なども芸術的。そしてストラヴィンスキーの曲のリズムや不協和音が、行き場のない情熱や欲望や嫉妬を表すかのようで、しっくり感じられる。

シャネルとストラヴィンスキー。この二人に実際恋愛関係があったかどうかはあくまで仮定の上でのフィクションらしいけれど、この映画の中で、短い期間の二人の関係を切り取りながら、その関係性、情熱、苦悩の化学反応としてのシャネルNo5という香り、そして『春の祭典』の再演へと二人が昇華させていった様は、真実の羅列以上に彼らの人となりというものを描き出しているではないかしらー、などと思ったのだった。堪能。
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。