2010年06月30日

映画レビュー『アルゼチンタンゴ 伝説のマエストロたち』"CAFE DE LOS MAESTROS"

タンゴから連想するもの… 激しい愛の悦び。苦しみ。官能。生きる喜び。

後半のコンサートシーンは足の先まで粟立つほどゾクゾク。中には曲が終わるたびに拍手をするおばさんも。

帰り道、思わず自分のiPhoneの中のピアソラを聴いて帰りましたが、同じ曲でもやはり、違うような気もする。ピアソラのように高度に洗練されたタンゴよりは、もうすこし、みんなの音楽、的な。。

この前まで麻布でタイ焼き焼いてたでしょ?というようなおじいさんや、バンドネオン漫談でも始めそうな容貌のおじいさんたちが演奏しているからなのか… (笑

だけどビルヒニア・ルーケの女っぷりと、フアン・カルロス・ゴドイの歌声に痺れる。

合間合間に入る、タンゴのダンス。ヤンキーっぽい恰好の兄ちゃんも、美しい女性を軽々とリードする。おじいさんとおばあさんのダンス。おじいさんと、若い美女のダンス。どれも素敵です。

わたしも帰ってからいきなりアルバム"Cafe de los Maestros"をダウンロードしました。

しかしこの手の映画って、どうしても『ブエナビスタ…』を思い起こさずにはいられないのが、まあ、残念といえば残念なところです。あれに比べうるものはやはり、なかなか。

途中のインタビューの続くところは眠くなる人は眠くなるでしょう、たぶん。正直なところわたしも少し。でもオープニングはなかなか恰好良かったな。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

***************
CDです↓


Cafe De Los Maestros

Cafe De Los Maestros

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wrasse
  • 発売日: 2008/07/07
  • メディア: CD




ちなみにピアソラも大好きです。っていうか、わたしにとってはタンゴはこの人。↓

Tango:Zero Hour

Tango:Zero Hour

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: american clavé
  • 発売日: 2010/02/17
  • メディア: CD








ラベル:音楽映画
posted by mymble at 10:27| Comment(0) | TrackBack(3) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち
Excerpt: 1940〜50年代のタンゴの黄金時代を築いたマエストロたちが大集合し、彼らが奏でる歌と演奏をたっぷりと聴かせてくれる音楽ドキュメンタリー。『ブローバック・マウンテン』や『バベル』でアカデミー作曲賞に輝..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-06-30 17:28

アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち
Excerpt: 2006年、アルバム「CAFE DE LOS MAESTROS」の収録のため、ブエノスアイレスで最も古いレコーディングスタジオにアルゼンチンタンゴの黄金時代を築いたスター達が集結した。 そして世界三大..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2010-06-30 19:15

*アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち*
Excerpt: [[item(http://www.youtube.com/v/uon618_GkLM&hl=ja_JP&fs=1,480,385,)]] 映画『アルゼンチンタンゴ 伝説のマエス..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2010-07-02 12:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。