2010年07月05日

映画レビュー『借りぐらしのアリエッティ』

試写会の券をいただき家族で観てきました。『床下の小人たち』は若い頃愛読していたのでとても楽しみにしていました。突然のスコールのような土砂降りの中、よみうりホールへ向かいます。

古い家の床下に住み、人間の世界から少しずつ食べ物や暮らしに必要なものを「借り」て生活している小人の家族。他の小人たちは行方不明になるか、引っ越ししてしまい、残っているのはアリエッティと両親だけ。他の仲間の消息もわからず、彼らは人間に見つかる危険や、(彼らからしたら)大きい動物の急襲などの危険から、息をひそめて暮らしている。でもアリエッティは外の世界に強い憧れを持っていて…

かなり原作には忠実だったのではないかしら。とはいえ昔読んだきりなので随分忘れてしまっているのですが…。映画では舞台は日本になっていますが。男の子は、原作ではもう少し幼かったのではないかなあ。映画のしょう君はかなり大人っぽいのに、彼のある行動がとても愚かに感じられて、ややそこにギャップを感じました。

とはいえ、全体的になんというか、(いい意味で)優等生的な、みやすくわかりやすい映画だったように思います。昔のカルピスこども劇場に親しんでいた人ならしっくりくるような。

「借り」に行くときの臨場感や、いろんな「えもの」で構成された小人の家のディテールはとても楽しい。あ、鉛筆のキャップが花瓶に、、、など、何度もみたら、何度も新しい発見がありそうです。小物が日本仕様にアレンジされているのも楽しかった。

スピラーは、『トムソーヤーの冒険』に出て来たハックルベリー・フィンがすこし成長した姿を彷彿とさせて、楽しい気分になりました。少ししか出てこないけど、好きなキャラクター。ムササビよろしく飛んでゆく姿はかっこいい!娘ははるさんの表情がかなり面白かったらしい。

夏に実家に帰ったら、本棚で埃をかぶっているはずの『床下の小人たち』シリーズを読み返したい、そして娘にも読んでやりたいな、と思いましたよ。

うちもよく物が紛失して探しても出てこないんですが、小人がいるのかな。マンションなんですけどね。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村







*******

床下の小人たち (岩波少年文庫)


小人の冒険シリーズ 全5冊セット (岩波少年文庫)


ラベル:ジブリ
posted by mymble at 13:44| Comment(0) | TrackBack(18) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: 試写会で見ました。宮崎アニメ(脚本だけだけど)の新作ということで、ポニョよりも前
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2010-07-12 22:13

『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか?
Excerpt:  ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-07-18 21:07

映画<借りぐらしのアリエッティ>
Excerpt:   早速見て来ましたよ〜! ジブリ映画<借りぐらしのアリエッティ>!   ぼくは、あの年の夏、 母の育った古い屋敷で、一週間だけ過ごした。 そこでぼくは、 母の言って..
Weblog: 美味−BIMI−
Tracked: 2010-07-19 09:14

『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC
Excerpt: 『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2010-07-19 11:47

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: 飽きのこない「あっさり爽やか味」  
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2010-07-19 14:50

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: 原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-07-19 15:13

映画 『借りぐらしのアリエッティ』
Excerpt: 借りぐらしのアリエッティ   お勧め度:普通   [ファンタジー ジブリ]   7月17日(土)全国ロードショー   原作 : メアリー・ノートン   監督 : 米林宏昌   脚本 : 宮..
Weblog: アニメって本当に面白いですね。
Tracked: 2010-07-20 02:24

[映画『借りぐらしのアリエッティ』を観た]
Excerpt: ☆宮崎監督ではないジブリ作品だ。  実は、あまり興味がなく、文句をつけようとして観に行った。  翻って、昨今のジブリ作品の低評価の原因とされる、最近の宮崎駿の支離滅裂さが、実は、どんなに素晴らしい..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2010-07-20 23:14

『借りぐらしのアリエッティ』
Excerpt:     □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2010-07-22 12:49

借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers)
Excerpt: アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なア..
Weblog: yanajun
Tracked: 2010-07-22 14:27

映画「借りぐらしのアリエッティ」童話の本を開いてみると
Excerpt: 「借りぐらしのアリエッティ」★★★★ 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 声の出演 米林宏昌監督、94分 、2010年7月17日公開、2010,日本,東宝 (原題:原作・床..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-07-23 07:41

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt: メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-07-24 15:07

「借りぐらしのアリエッティ」感想
Excerpt:  スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で...
Weblog: 狂人ブログ 〜旅立ち〜
Tracked: 2010-07-26 21:17

借りぐらしのアリエッティの感想 〜宮崎駿に潜む人間への絶望感〜
Excerpt: 昨日、借りぐらしのアリエッティを見てきました。 映画館の入り状況ですが、客は120人収容ぐらいの会場に半分ぐらい埋まった感じでした。男女比の割合は女性6、男性4の割合でしょうか...
Weblog: アニプレッション!!
Tracked: 2010-07-29 17:06

借りぐらしのアリエッティ レビュー(ネタバレあり)
Excerpt:  【ストーリー】 心臓病を抱えた少年・翔(声:神木隆之介)は、手術までの療養の期
Weblog: 無限回廊幻想記譚 別宅
Tracked: 2010-08-03 01:23

借りぐらしのアリエッティ
Excerpt:  たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-08-05 06:47

映画:借りぐらしのアリエッティ
Excerpt:  観たのはだいぶ前なのですが記事にする時間がなくてようやくのアップです。今回は借りぐらしのアリエッティです。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-09-20 17:54

『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー
Excerpt: 『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、 樹木希林 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が..
Weblog: さも観たかのような映画レビュー
Tracked: 2011-02-24 16:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。