2010年09月13日

映画レビュー『小さな村の小さなダンサー』“MAO'S LAST DANCER"

毛沢東時代の中国。山東省の貧農の少年が共産党にその身体能力を買われて選ばれ、11才で北京の舞踏学校へ。全くバレエというものすら知らなかったところから毎日の厳しい練習を経て、共産主義プロパガンダのために踊る。それがチャンスがありテキサスのバレエ団へ3ヶ月の研修に行くことになるのだが…。

実在のバレエダンサー、リー・ツンシン氏の自叙伝をもとにした映画だそうだ。

中国の共産主義の歴史、文化大革命だとか、四人組だとかその追放だとか、細かい年代を追っての知識がないと感じきれない部分もあるんだろうな、とは思ったところ。

それにしても、少年期、若い青年期、青年期と3人の俳優がリーを演じるのだが、体の柔らかさとか(当然?)踊りの迫力が凄い。特に現役のバレエダンサー、ツァオ・チー氏が演じる青年期。アジア人の力強いバネ、躍動感を感じて、鳥肌がたちます。このバレエのシーンだけでも、十分に観る価値があると思います。でも2番目の子の顔が可愛くて好みだったなー(余談)

幼い頃の両親との別離、厳しい訓練、恩師との出会い… それぞれに見所はあるものの、わりとあっさりめに流されている印象。

本のほうは読んでいないんだけど、ヒューストンに来てからの決心/事件に至る、彼の心の動きというのが性急すぎて、伝わりきらないというか納得しきれないような。初めてアメリカに来るまでの彼は、従順に共産主義を信奉していたのだろうし、そのように描かれているのだから。

ひとことであっさり言ってしまえば「自由」を感じたということなのでしょうが。そのことに関わった女性、友人、中国に残された家族への代償が大きいだろうことは想定していたんだろうになあ、と、少しわりきれない気分が残りました。

アメリカに初めてきてカルチャーショックをうけるリーや、その言葉のやりとりが、微笑ましく、笑えます。そして感動の再会のシーンに、この演目『春の祭典』かい!というのは心の中でちょっとつっこんでいたのだが(いや、素晴らしいのだけど、奇抜だし)その突っ込み心を代弁してくれる場面もあり、満足しました。


追記)邦題のこと。多くの人が既に指摘しているが、原題はMao's last dancerであり、Maoとは毛沢東の毛のこと。小さなダンサー云々は、思いきり『リトルダンサー』の二匹目のどじょうを意識している邦題で、あこぎ。かつ、子供の頃の話が中心という訳でもないので、小さなダンサーというのはちょっと内容としてもそぐわないのは残念です。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村






posted by mymble at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162462797

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。