2010年10月23日

映画レビュー『ナイト&デイ』"KNIGHT AND DAY"

レディースデーに観るのにぴったりかな、と思い鑑賞。本当はデートで観たかったけど残念ながら一人で(笑。

いわゆるハリウッドの娯楽アクションで、それでいてラブコメ的でもあり、頭をからっぽにして楽しめました。人が死に過ぎとか巻き込まれ過ぎとかこの後どうなっちゃうのとか、つい言いたくなっちゃうけど、まあそれは封印(笑。わたしも年に2、3回はコーラが飲みたい気分になるのです。

地図にのっていない小さな南の島、そこで獲った魚を持って海から上がってくるナイスバディな謎の男(しかもそれを料理してくれる)、夜のザルツブルグ、オーストリアの高級列車、セビリアの美しいモザイクタイルの家と、闘牛に混じってかけぬけるバイク、、二人乗りで。舞台装置は完璧です。

トム・クルーズの、あの極度のナイスガイぶり&不死身ぶりが、本当にそんな人かもしれないと思わせるようなはまりっぷりで、非常に愉快でした。パニくる女に丁寧に説明する、彼女は結局全然言うこと聞かないんだけど(ここも可笑しいが)、初めてあった消防隊員への明るくて丁寧でものすごく感じのいい対応(とその後のアクションのギャップ)、逆さ吊りされてるのに「大丈夫だからねー、心配ないよ!」。朝のオムレツ。素直に良いなー。

キャメロン・ディアスも、古い車を愛しそれをリストアしてしまったりする男っぽさ、妹への愛情、さばけていてカジュアル、海の似合う飾り気のないスレンダーな体と、意外なところでみせる行動力。。。彼女の良さがぴったりはまりました。

アクションもそうだけど、キャラのハマり具合、会話の楽しさがわたしにとってはキモだったかもしれない。楽しかったです。







にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村





posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167117683

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。