2008年11月24日

『やかまし村の子供たち』"The children of Bullerby village"

やかまし村の子どもたち
リンダ・ベリーストレム, ラッセ・ハルストレム
B00005HPJC


ラッセ・ボッセ・オッレ。

おまじないではなく(笑)出てくる3人の男の子たちの名前だ。ちなみに女の子はグリッタ・アンナ・リサの3人。シャスティーン(だっけ?)もいるけど、まだ幼児につき、出番は少ない。物語は、リサの一人称で語られてゆくけど、それほど、その子たちのうち誰かが突出している訳じゃなくて、6人の、たぶん7才から10才くらいまでの子供たちの、夏休みの間の日常を、ほのぼのと楽しく描いている。

やかまし村は、たった3軒の家からなる村で、続きを読む
posted by mymble at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

『宮廷画家ゴヤは見た』"Goya's goast"

宮廷画家ゴヤは見た [DVD]
ハビエル・バルデム, ナタリー・ポートマン, ステラン・スカルスガルド, ミロス・フォアマン
B001PRR8C0



ゴヤの時代のスペイン。

嵐の時代、価値観はゆらぎ、人々は翻弄され、風見鶏は回るが、やがてその命運も尽きる。風見鶏たるロレンソ神父(ハビエル・バルデム)の滑稽なまでの生命力と変わり身の早さにおかしみも感じるが、むなしい気分が残る。

無実の罪で拷問をうけ15年も投獄された娘は、続きを読む
posted by mymble at 18:07| Comment(2) | TrackBack(3) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

『僕らのミライへ逆回転』"Be kind Rewind"

ミシェル・ゴンドリーはノッポさん。

ノッポさんってあのチューリップハットののっぽさんですよ、昔、子供番組『できるかな』で、段ボール箱とか牛乳パッックとか、ビニールテープとかの材料から、はさみや糊で魔法のように、いろんな造形をつくりだして、子供たちを魅了していた、あの喋らないお兄さん。

150ピース タイムスリップTV できるかな 150-0030
B001ARZ52A

(パズルだけど、こんなの発見。かわいい〜)

今回の映画にも続きを読む
posted by mymble at 11:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

『イタリア的、恋愛マニュアル』"Manuale d'amore"

イタリア的、恋愛マニュアル
B000ZFTMYA



4組のカップルの話が独立しながらもゆるーく繋がってゆくオムニバス。「恋愛マニュアル」というと口説きのハウツーみたいに思えてしまうけれど、もっと、原題のように「愛のマニュアル」なのだろう。

最初の若いカップルの話は若々しく初々しい恋/出会いで、残りの3つは、続きを読む
posted by mymble at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

『迷子の警察音楽隊』"The band's visit"

迷子の警察音楽隊
サッソン・ガーベイ, カリファ・ナトゥール, ロニ・エルカベッツ, エラン・コリリン
B0016G2U6E



「チェット・ベイカー知ってる?」

アレクサンドリア警察音楽隊の、二枚目君。お決まりの口説き文句はコレ。女がポカンとしていれば、「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を、目をみつめながら口ずさむ。これを、初めての異国で(しかもエジプト人にとってのイスラエルで)行き先をインフォメーションで聞きながらやるもんだから、行き先間違っちゃう訳ですよ。っていう導入がなかなか自然でいい感じ。

エジプトの警察音楽隊が、異国の、続きを読む
posted by mymble at 17:20| Comment(0) | TrackBack(2) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

『パコと魔法の絵本』

パコと魔法の絵本 通常版 [DVD]
役所広司, アヤカ・ウィルソン, 中島哲也
B001MYRNY4



毒々しい色のついた怪しい駄菓子、極彩色のセロファン、チェリーコーク、ルートビア。。。。を思わされる、濃くてクセのあるキャラクターたちが、嫌悪感の一歩手前で鮮やかに劇を繰り広げる。実写とCGの融合も見事。実際の衣装を着た小池栄子の沼エビの魔女と、妻夫木クンのザリガニ魔人は、続きを読む
posted by mymble at 19:02| Comment(0) | TrackBack(2) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

『言えない秘密』不能説的・祕密

尾道三部作の雰囲気、との指摘がレビューでもみうけられるが、もっともだな、と、見終わった後しみじみ思った。川があり、坂道があり、古い良いたたずまいの建物があり、緑も多い町は、それだけで映画の舞台として、絵になるのだった。古いレンガづくりの校舎や、本がぎっしり並んだ本屋、シャンルンやシャオユーの古くて雰囲気のある家など、とても好み。

監督、脚本、主演、音楽の四役をこなしたジェイ・チョウは、どうしてもV6の井ノ原くん(イノッチ)にみえてしょうがなかったのと、続きを読む
posted by mymble at 18:31| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

『オール・アバウト・マイ・マザー』"All about my mother"



アルモドバル監督(←正直言って、口に出して言ったとき正確に言える自信が無い。アルドモバルとか言いそう)の映画は3本目かな?

見終わった後にいつも、不可解で、消化しきれないものを感じる。

よく、女性の強さを表現しているとか、女性讃歌などと言われるが、その辺にわたしはひっかかる。一応は女性という性に生まれついた自分が想像もつかないように、映画のヒロインたちは、行動するから、それが女性の強さなら、わたしとは縁遠いものだなぁ、といささか僻みっぽく思っているのかもしれない。

そもそも、女性って賛美されなくちゃならない存在なの?続きを読む
posted by mymble at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

『セックス・アンド・ザ・シティ』"Sex and the City"

テレビ版のほうはDVDを(何故か弟から)借りまくって全部制覇、しかも、テレビでやっていた頃よりは最近みたので記憶も新しく、万全の体制で鑑賞に臨んだ(笑

あくまでも虚構の世界として、楽しい。お金と時間と胆力とユーモアのセンスを兼ね備えた、こんなゴージャスな四人が揃っていることも現実的じゃないにしても、彼女たちが美しく着飾りながらも普通に恋や不妊や結婚やいろんなことに迷い、悩む。その合間にも、自分では買えないし履いても多分10メートルくらいしか歩けないだろうマノロ・ブラニクやジミー・チュウの靴を履いて闊歩する。

サラ・ジェシカ・パーカーだって、顔も長いし、美人じゃないし、とテレビ版見る前は思っていたのだけれど、続きを読む
posted by mymble at 09:25| Comment(0) | TrackBack(7) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

『べガスの恋に勝つルール』"What happens in Vegas"

ベガスの恋に勝つルール (完全版) [DVD]
キャメロン・ディアス, アシュトン・カッチャー, ロブ・コードリー, レイク・ベル, トム・ヴォーン
B001HSQB9S



キャメロン・ディアスってあんまり美人とは思わないし、あまりに瞳の色が薄いので、三白眼ぽく見えるし、肌のカサつきとか首のしわとか、顔のしわも全然気にせず大笑いして、無茶やって、変なシャワーキャップかぶったり、気さくなお姉さん、ちょっと間違うとイッちゃってる娘って感じなのだが。

でもキメるときは決まっちゃうのだ。スタイルいいし。

彼女が肩をだしたゴールドのドレスで髪をアップにして、パーティー会場に現れたとき。それを見つけたジャック(アシュトン)が、続きを読む
posted by mymble at 10:40| Comment(0) | TrackBack(10) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

『コレラの時代の愛』"Love in the time of Chorera"

だってハビエル・バルデムのあのクドくて大きい顔がかなりの確率でずっと大写しなんですもの。

愛を誓う若い二人が、娘の父親によって引き離されて、彼女は遠い親戚の所へしばらく、送られちゃうんですが。最初の愛を誓ったときのフロレンティーノ役の俳優はわりとハビエル・バルデム似でモアイ系の顔で、でも当然のことながら断然若くて、20才そこそこ。

それが、彼女が町に帰って来て、続きを読む
posted by mymble at 10:26| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

『スイミング・プール』"Swimming pool"

スイミング・プール 無修正版
シャーロット・ランプリング, リュディヴィーヌ・サニエ, チャールズ・ダンス, マイク・ファヨール, フランソワ・オゾン
B001A1VOYO


シャーロット・ランプリング扮する作家、サラは、もう若くはなく、経済的には自立して本も売れているが、仕事上でも恋愛関係もスランプ気味という悩みを抱えており、その二つはおそらくは別物ではなく相関している。服装も地味で朝からカウンターでウイスキーをあおり、あの陰のある水色のような瞳の色と、普段ならクールに見える目つきも、どちらかというと世間を恨んでやぶにらみに見えるような、嫌みな女で登場する。

仕事とおそらくは恋愛でのパートナーであったジャックも、もうサラへの関心と熱が低く、体よく彼のフランスの別荘へと追いやられるサラ。それでも彼が後からくるのでは、という期待と、南フランスの素敵な環境に気持ちが一瞬和むけれど、続きを読む
posted by mymble at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

『ザ・マジックアワー』"The magic hour"

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション
佐藤浩市, 妻夫木聡, 深津絵里, 綾瀬はるか, 三谷幸喜
B001F3UWQ8



あー面白かった。

最近、ようやくわかってきたことがある。やっぱ、コメディは映画館だ。

見知らぬ人たちと声をあげて笑うこの一体感。一人だったら笑えないコトでも、続きを読む
posted by mymble at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

『まぼろし』"Sous le sable"

まぼろし<初回限定パッケージ仕様>
フランソワ・オゾン
B00008CH85


平凡で幸せな日常、バカンスの一日目に、25年連れ添った夫が失踪。必死の捜索にもかかわらず、みつからず、自殺の可能性も示唆される。

理由のない失踪は愛人がいたとかそういうことよりも更に残酷な裏切りだ。空虚な思いを、妻に何も知らせず、幸せをよそおっていたのに。

妻(シャーロット・ランプリング)は何も無かったようにパリに戻る… 

最初、あたかも何もなかったかのように振る舞うマリーと、続きを読む
posted by mymble at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

『ぼくの大切なともだち』"My best friend"

ぼくの大切なともだち (完全受注5,000本限定生産)
ダニエル・オートゥイユ, ダニー・ブーン, ジュリー・ガイエ, パトリス・ルコント
B001EULZSQ



以前にルコントのコメディタッチの映画を観てハズした記憶があったので、ちょっと二の足を踏んでいたのだけれど、ここでの評価がとても良かったので足を運んでみた。

うん。軽快で、おかしみがあって、続きを読む
posted by mymble at 19:38| Comment(2) | TrackBack(1) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

『ナビィの恋』"Nabbie's love"

ナビィの恋
西田尚美
B00005HX2Y


最初「ナビィの恋」っていうから、西田尚美がナビィなのかと思ってみたら、ナビィはなんと続きを読む
ラベル:沖縄
posted by mymble at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

『その名にちなんで』"The namesake"

その名にちなんで (特別編)
カル・ペン, タブー, イルファン・カーン, ミーラー・ナーイル
B001671JTM



「私たちはみんなゴーゴリの外套の中から出て来た」、とは、ドストエフスキーが書いた言葉だとか。映画の中ではゴーゴリ/ニキルの父であるアショケが、違う意味で、息子の名付けの由来として、この言葉を引用していた。

原作者のジュンパ・ラヒリは、続きを読む
posted by mymble at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

『マリア・カラス 最後の恋』"Callas e Onassis"

マリア・カラス最後の恋 コレクターズBOX
ジェラール・ダルモン, ルイーザ・ラニエリ, アウグスト・ズッキ, ジョルジオ・カピターニ
B001ALQXI6


オナシスという男。成金の海運王で億万長者というイメージだが、マリア・カラスと浮き名を流し、あのジャクリーン・ケネディと結婚してしまうなんて(もっとも後者は政略結婚だとかいろいろな話があるようだが)、一体何者?続きを読む
posted by mymble at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

『イルマーレ』"The Lake House"

イルマーレ
キアヌ・リーブス
B000HXDHAK


まず、邦題。しょうがないけど「イル・マーレ」は海に建つ家の名前だから、湖畔の家の話なのに変ですよ。一応今回もレストランの名前では出てくるだけ。

サンドラ・ブロックはやっぱラブストーリーよりCIA捜査官でしょ!とついつい思ってしまうくらいやっぱり顔がゴツい。キレイなんだけど。

2年後の彼女のために木を植えてあげるキアヌ。って
続きを読む
posted by mymble at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『イルマーレ』"IL MARE"

イルマーレ THE PERFECT COLLECTION
ヨ・ジナ
B0007WAD26



最初に、ハリウッドのリメイクのほうを観て、それからオリジナルのこっちを観た。

海辺というよりは海の中に建っていると言えるようなデザイナーズハウス。そこに最初に住んだ彼は、その家を「イル・マーレ(イタリア語で海の意味)」と名付ける。そんなある日メールボックスに手紙が。なんかつじつまが合わないし日付も未来になってる。自分の前には誰も住んでいないはずなのに、「イル・マーレ」という名前も知っているし、玄関に犬の足跡が残っているという…

最初は勘違いかいたずらかと思うけれど続きを読む
posted by mymble at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。