2008年02月12日

『チョコレート』"Monster's Ball"

チョコレート
ハル・ベリー ビリー・ボブ・ソーントン ヒース・レジャー
B00006G2P2


超ビターなので『チョコレート』という邦題から想像される内容とはすこしそぐわない印象を受けた。敢えて言うならカカオ95%くらい…

二人とも傷を負って、続きを読む
ラベル:ハル・ベリー
posted by mymble at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

『キサラギ』

キサラギ スタンダード・エディション
香川照之 ユースケ・サンタマリア 塚地武雅(ドランクドラゴン)
B000WDTFEM


期待が裏切られた。いい意味で。

何かの映画を観た時に『キサラギ』の予告を観たのだけれど、多分わたしは観ないだろうなぁ、と思っていた。何しろわたしが普段映画に期待するものが皆無、と言えるくらいだったから…。続きを読む
ラベル:コメディ 小栗旬
posted by mymble at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

『ダンシング・ハバナ』"Dirty Dancing:Havana Nights"

ダンシング・ハバナ
ディエゴ・ルナ ロモーラ・ガライ セーラ・ウォード
B000BONQLU


なんと主役の二人の初々しいこと。ハイティーンの二人。

ケイティは最初ガリ勉のお固いお嬢さんという感じなのだが、ハビエルと一緒に踊るにつれ、段々続きを読む
ラベル:ダンス
posted by mymble at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

『カンナさん大成功です!』"200 Pounds Beauty"

カンナさん大成功です! 特別版(2枚組)
キム・アジュン, チュ・ジンモ, キム・ヨンハ
B001510M8S



人間は外見じゃない、という言葉は信じてない。自分のことはとりあえず棚にあげておくが(笑)、見た目は大事だと思う。自分の願望や、好み、どんな人間か、ということが、服装や化粧や表情に、続きを読む
ラベル:音楽映画
posted by mymble at 10:23| Comment(2) | TrackBack(1) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

『ラスト、コーション』"Lust, Caution"

ラスト、コーション
トニー・レオン, タン・ウェイ, ワン・リーホン, アン・リー
B001AG6CWI



ものすごく期待していた映画だった。最近では最も観たかった映画のひとつだった。アン・リーは好きな監督だし、トニー・レオン、40年代の上海、香港、チャイナドレス、愛の駆け引き、官能… 観たい要素てんこもりだったので。

観る前にちょっと気になった点があるとすれば、ポスターやCMで目にする女優(タン・ウェイ)が妙にあどけなく、まるで子供といった感じだったこと。これで愛と体を武器に相手を誘惑する女スパイを演じられるのかな?と心配だった。話が始まってみれば、ネタバレ注意
posted by mymble at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

『アース』"Earth"

アース スタンダード・エディション
地球, アラステア・フォザーギル
B00165SD98


映画をみる歓び、その中において、大きいスクリーンでまだ見ぬ風景、雄大な景色、行けない場所の映像を体感する、というのはわたしにとっては結構重要な位置にあるみたい。ということでこの『アース』決して自力では一生かかっても見ることができないだろう場所の、動物たち、植物たちの姿を、続きを読む
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

『舞妓Haaaan!!!』

舞妓Haaaan!!!
阿部サダヲ 水田伸生 堤真一
B000W6H23A


観たい映画は他にもあったのだけど、ちょっと気分転換したくて、コレを観てみた。

で、日本人って映画館でこんなに笑うんだっけ?昔アメリカで映画を観た時に、アメリカ人って映画館で笑うんだなー、って新鮮で愉快に思ったのだけど、日本人も笑うのね。そういう邦画ができてきたってことなのかな。わたしとしてはそれほどでも、ってところでも、
続きを読む
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

『トスカーナの休日』"Under the Tuscan Sun"

トスカーナの休日
ダイアン・レイン リンゼイ・ダンカン サンドラ・オー
B000BKDRCW


キャリアがあるが夫に裏切られ離婚したアメリカ女がどう自分らしさを取り戻してゆくか… そんなストーリーなのだけど、その舞台はなぜかトスカーナ、イタリアだ。

輝く太陽、葡萄畑、美しい緑、風、築ン百年の家…

そんな中でフランシス(ダイアン・レイン)は、続きを読む
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

『ビフォア・サンセット』"BEFORE SUNSET"

ビフォア・サンセット
イーサン・ホーク ジュリー・デルピー 宮本充
B000SADJQE


前作『ビフォア・サンライズ』ビフォア・サンライズ 恋人までの距離ビフォア・サンライズ 恋人までの距離を観た人にとっての幸福なプレゼント。こういう形で9年後に続編をつくってくれるなんて、凄いなあ。わたしは前作も最近DVDで観ていたので、待ったのはほんの1ヶ月くらいだった訳だけど、前作を映画館で観た人が、9年経ってこれを観られたら、自分もそれだけ年を重ねている訳で、どういう感慨を持ってこれを観るだろう?と思わずにいられません。

実際わたしは前作よりこっちの方が好み、多分それはパリという舞台のせいもあるし、続きを読む
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

『フェーンチャン ぼくの恋人』"My Girl"

フェーンチャン ぼくの恋人
チャーリー・タライラット フォーカス・ジラクン
B000B63G4A


主人公の男の子、ジアップ君の黒目勝ちな目、長いまつげの、そのまなざしが切ない気持ちを語っていて、すごく可愛かった。子供の頃の初恋や友情を楽しく、たぶんちょっと切ない気分で思い出して、続きを読む
ラベル:タイ 家族と
posted by mymble at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

『プロヴァンスの贈り物』"A good year"

プロヴァンスの贈りもの
ラッセル・クロウ.アルバート・フィニー.フレディ・ハイモア.マリオン・コティヤール.アビー・コーニッシュ.トム・ホランダー リドリー・スコット
B000WPEJ5K


リドリー・スコットとラッセル・クロウの組み合わせといえば『グラディエーター』のイメージが強いんだけど、それとは全く違った感じで、続きを読む
posted by mymble at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

『ジプシー・キャラバン』"When the road bends:Tales of a Gypsy caravan"

途中途中、心を揺さぶられるような音楽や生き方があり、鳥肌がたったり、涙がにじんだりする曲があり、確かに素晴らしかった。

しかしながらジプシーについてはあまりにも無知だった、ということが、映画を観て知らされたというか、ほぇ〜、そうだったんだー、という自分にとっての新しいことが多すぎて、続きを読む
ラベル:音楽映画
posted by mymble at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

『やわらかい手』"Irina Palm"

"I'm Irina Palm"(わたしはイリーナ・パームよ)

マギーが見せかけの友人たちにそうきっぱりと宣言したとき、それまでの、優しいけれどもおどおどとして、表面を取り繕い、自分の希望に全部蓋をするような人生と決別して、新しい自分の人生を生きることを、選択したんだと思う。

薬局で、マギーの仕事を知った続きを読む
ラベル:R-15
posted by mymble at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

『ONCE タブリンの街角で』"Once"

ONCE ダブリンの街角で デラックス版
グレン・ハンサード, マルケタ・イルグロヴァ, ジョン・カーニー
B0016XF4OW


ヨーロッパには殆ど行ったことがないのだけど、仕事で一度だけアイルランドに行った。ダブリンじゃなかったけど。緑が多く、牛がいて、羊がいて、薄曇り、暗めの海、背が高くて朴訥として酒が強い人たち。英語に併記されたゲール語の道路標識。ギネスの国。エアリンガス。一度乗ったくらいでおこがましいが、懐かしい緑の文字。

そんなアイルランドの雰囲気を堪能した。いかにもアイリッシュな主人公の彼、続きを読む
ラベル:音楽映画
posted by mymble at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

『最後の恋のはじめ方』"Hitch"

最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション
ウィル・スミス エヴァ・メンデス ケヴィン・ジェームズ
B000ASBG32

エヴァ・メンデスがいかにもニューヨークで働く女って感じで骨太で、でもチャーミングで、大人っぽくて、可愛かった。やはり落としにくそうな女を落とせてこそってことで、ヒッチ(ウィル・スミス)の気を引くテクニックが、やりすぎという気もしつつ、楽しめた。

一度の失恋で自分の恋に臆病になって続きを読む
ラベル:ラブコメ
posted by mymble at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

『下妻物語』

下妻物語 スタンダード・エディション
中島哲也 嶽本野ばら
B0002X7IXC



冒頭の、深田恭子演ずる白いワンピースを着た桃子が、原付で暴走して続きを読む
posted by mymble at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『耳に残るは君の歌声』"The Man Who Cried"

耳に残るは君の歌声
クリスティーナ・リッチ ジョニー・デップ ケイト・ブランシェット
B000BM6HMM


あー、ロシアにもユダヤ人っているんだ、とかすごい無知な自分。確かにお父さんは黒くてちょこんとのせる帽子をかぶっていた。その他イディッシュ語のこと、ユダヤ人に特有の名字(アブラモビッチ、とか、パールマンとか)、迫害の歴史など、欧米にあればもうすこし常識的に知っているだろうことの知識が少ないと難解に感じるのかも。

オペラの知識もしかり。邦題の『耳に残るは君の歌声』は、続きを読む
posted by mymble at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

『ダーウィン・アワード』"The Darwin Awards"

ダーウィン・アワード
ジョセフ・ファインズ, ウィノナ・ライダー, デヴィッド・アークエット, クリス・ペン, フィン・タイラー
B0012P6C5Y



ダーウィン・アワード。ブラックな賞を作ったものだ。家族とか残された人はいたたまれないだろうなぁ、と思いつつ、この映画の中でとりあげられた死に様、怪我様は、バカだね、といいつつもそこはかとない愛情が感じられた。

ジョセフ・ファインズ扮するマイケルは、天才的なプロファイラーで、続きを読む
ラベル:コメディ
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

『オペラ座の怪人』"The Phantom of the Opera"

オペラ座の怪人
ジェラルド・バトラー.エミー・ロッサム.パトリック・ウィルソン ジョエル・シューマッカー
B000W72OXM

ラウル対ファントムの構図はそのまま、ラウルの若さ、未熟さ、一直線さ、それゆえの無知などに対して、ファントムの経験と知性、自信、老い(この場合は老醜じゃないのだが)の対比になっているのだろう。例えばクリスティーヌが歌い終えた時続きを読む
ラベル:ミュージカル
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

『舞台よりすてきな生活』"How to Kill Your Neighbor's Dog"

舞台よりすてきな生活 ディレクターズカット版
ケネス・ブラナー ロビン・ライト・ペン リン・レッドグレーヴ
B0009J8K1S

アメリカの映画でもあるし舞台はロスだが、劇作家ピーター役がケネス・プラナーということでイギリス流ブラックユーモアがちりばめられていてクスリと笑う場面が何度も。作家活動がスランプ気味(?)で文句たれのピーターが続きを読む
ラベル:コメディ
posted by mymble at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。